エイジング乳液の使い方

手のひらを使ってしっかりと浸透させましょう

洗顔の使う化粧水や乳液ですが、皆さんはどんな風にして使っていますか?

私の場合は、コットンは使わずに全て手のひらを使って行うのですが、このやり方にし始めたのはエイジング乳液を使うようになってからです。

それまでは化粧水も乳液もコットンに染み込ませて使っていたのですが、気になっていたエイジング乳液の使い方を見てみたら、手のひらを使うようにすすめていたんです。

コットンはその都度使い捨てにするのでお財布にもあまり優しくないし、手のひらを使った方が簡単そうだな・・・と思ったのがきっかけだったのですが、手のひらを使うととても良いことがあるのが分かりました。

ポイントは押さえ込むようにする


さて、コットンから手のひらを使ってケアをする方法に変えてから、エイジング乳液に変更をしたという理由もあるのかもしれませんが、使う前よりもお肌の調子がとてもよくなりました。

手のひらを使って優しく乳液を使った後、そのまま手のひらを使って乳液を押さえるようにするんです。

すると手のひらの程よい温かさがお肌の置くまで乳液を届けてくれるんです。

お風呂の中で温めて使うパックがありますが、あれと似ているかもしれません。

優しく押さえ込むようにすることで、お肌を変な方向へ引っ張るようなこともありませんし、コットンのカスがお肌に付くこともありません。

パックと言えば、炭酸パックができるこのアイテムも浸透力がありスキンケアには欠かせません。

「どうして初めから手のひらを使わなかったんだろう」と思うくらい、今はこの使い方が欠かせなくなりました。

 

サイトマップ