エイジング乳液の使い方

乳液パックでスペシャルケア

デートやちょっとしたイベント、日々のお手入れの一つとして「パック」を使っている人も多いでしょう。

ただこのパック、専用のパックを購入しなくても、使っている普通の乳液やエイジング乳液でもパックをすることが出来るんです。

とても手軽な方法ですし、わざわざパックを購入しなくても良いので、ぜひ週に1回のスペシャルケアとして、取り入れてみませんか?

乳液パックのやり方


早速ですが乳液パックのやり方のご紹介です。

洗顔後、化粧水でお肌を整えた後、普段使っている乳液をタップリと顔に塗っていきます。

タップリと・・・とはどのくらいの量かというと、お肌の色が隠れるくらいです。

ちょっとビックリする量かもしれませんが、初めから多めに塗るのではなく、徐々に量を調節するようにしていきましょう。

顔全体に乳液を塗ったら、そのままの状態で約30分ほど置いておきます。

30分経ったら優しくマッサージをして、お肌に馴染ませて、ティッシュで上から押さえ込むようにして、余分な乳液を取り除いていきます。
この時、絶対に擦ったりしないでください。

1回では余分な乳液を取ることは出来ないので、2回、3回と繰り返して行ってください。

これで乳液パックの完了です。

エイジング乳液の場合も同じ方法でよいのですが、あまりベタベタするようであれば、使う量を減らしてみてください。

ただ気をつけて欲しいのが、ニキビや吹き出物がある場合は、この乳液パックはNGです。

乳液を使ったパックをすることで、余計に症状が酷くなってしまう場合があります。

お肌の調子が良いときにチャレンジをしてくださいね。

 

サイトマップ